田辺総合法律事務所

大寺 正史

Masafumi Otera

主な経歴
平成13年3月 巣鴨高等学校卒業
平成17年3月 東京大学法学部卒業
平成19年3月 東京大学法科大学院卒業
平成20年12月 弁護士登録(第一東京弁護士会会員となる)
  当事務所入所
平成22年10月 出向
平成25年10月 当事務所復帰
平成29年6月 国立国際医療研究センター臨床倫理委員会委員となる
著書等
・「債権償却のすすめ~債権をうまく回収できないようなときは~」(BUSINESS LAW JOURNAL 2011.7 No.40)
・「【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応」(清文社・共著)
・「病院・診療所経営の法律相談」(青林書院・共著)
・「高齢者取引上の留意点と対応策~相続対応を含めて~」(BUSINESS LAW JOURNAL 2013.11 No.68)
・「企業法務のFirst Aid Kit 問題発生時の初動対応」(レクシスネクシスジャパン・共著)
・「ふと気が付いたら無期雇用~無期転換ルールへの対応」(BUSINESS LAW JOURNAL 2015.12 No.93)
・「応招義務と『正当な事由』の判断基準の類型的検討―診療契約の締結・終了の場面における行政解釈・裁判例」(日本医師会雑誌 第145巻第8号・共著)
・「実践!ヘルステック法務『ヘルスケアビジネスと医学研究規制』」(BUSINESS LAW JOURNAL 2018.5 No.122)
・「企業法務のFirst Aid Kit 問題発生時の初動対応(増補版)」(第一法規・共著)