弁護士紹介 原田國男

パートナー

主な経歴

昭和38年3月

神奈川県立湘南高校卒業

昭和42年3月

東京大学法学部卒業

昭和44年4月

裁判官に任官、東京地方裁判所判事補となる(昭和47年4月まで)

昭和47年5月

法務省刑事局付き検事となる(昭和53年3月まで)

昭和53年4月

福岡地方裁判所判事となる(昭和56年3月まで)

昭和56年4月

東京高等裁判所判事となる(昭和59年3月まで)

昭和59年4月

名古屋地方裁判所判事となる(昭和62年3月まで)

昭和62年4月

最高裁判所調査官となる(平成3年3月まで)

平成3年4月

東京高等裁判所判事となる

平成3年5月

東京地方裁判所部総括判事となる(平成7年3月まで)

平成7年4月

東京地方裁判所八王子支部部総括判事となる(平成10年3月まで)

平成10年4月

東京高等裁判所判事となる(平成11年5月まで)

平成11年6月

水戸家庭裁判所所長となる(平成11年12月まで)

平成12年1月

水戸地方裁判所所長となる(平成13年8月まで)

平成13年9月

東京高等裁判所部総括判事となる(平成22年2月まで)

平成19年2月

慶應義塾大学より博士(法学)の学位を授与される

平成22年2月

定年退官

平成22年4月

慶應義塾大学法科大学院客員教授(専任)となる

平成22年4月

弁護士登録(第一東京弁護士会会員となる)

当事務所入所

平成22年11月

検察の在り方検討会議委員となる(平成23年3月31日まで)

平成23年7月

最高検察庁参与となる

平成24年5月

日弁連えん罪原因究明第三者機関ワーキンググループ委員となる

平成26年2月

ノバルティス ファーマ株式会社の慢性骨髄性白血病治療薬の医師主導臨床研究であるSIGN研究に関する社外調査委員会委員長となる

平成26年4月

日本弁護士連合会人権擁護委員会特別委嘱委員となる

平成29年6月

第65回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(『裁判の非情と人情』(岩波書店))

著書等

  • 「量刑判断の実際[第3版]」(立花書房)
  • 「中山善房判事退官記念・刑事裁判の理論と実務」(成文堂・編著)
  • 「裁判例コンメンタール刑法第1巻ないし第3巻」(立花書房・編著)
  • 「注解特別刑法第2巻 交通編(2)」(青林書院・共著)
  • 「注解特別刑法第3巻 公害編」(青林書院・共著)
  • 「注解特別刑法第4巻 経済法編[第2版]」(青林書院・共著)
  • 「大コンメンタール刑事訴訟法第6巻」(青林書院・共著)
  • 「退官記念論文集『新しい時代の刑事裁判』」(判例タイムズ社)
  • 「満員電車内での痴漢事件について破棄・自判無罪とされた事例」(ジュリストNo.1424)
  • 「[座談会]足利・村木事件の教訓と刑事訴訟法学の課題」(法律時報1038号)
  • 「裁判員裁判と量刑法」(成文堂)
  • 「日本裁判官ネットワーク・シンポジウム(平成23年7月2日開催) 裁判員裁判の量刑」(判例時報2135号)
  • 「GENJIN刑事弁護シリーズ14 裁判員裁判の量刑」(現代人文社・共著)
  • 「逆転無罪の事実認定」(勁草書房)
  • 「裁判員裁判と死刑適用基準」(刑事法ジャーナル第18号)
  • 「判例クローズアップ 間接事実による犯人性推認のあり方[最判平成22.4.27]」(法学教室360号)
  • 「裁判員裁判における死刑判決の検討 (裁判員裁判の現状と課題)」(慶應法学22号)
  • 「裁判員裁判における量刑傾向:見えてきた新しい姿」(慶應法学27号)
  • 「裁判員裁判の量刑の在り方-最高裁平成26年7月24日判決をめぐって-」(刑事法ジャーナル42号)
  • 「裁判例コンメンタール刑事訴訟法 第1巻」(立花書房・共著)
  • 「裁判の非情と人情」(岩波書店)