著書・論文

企業法務のFirst Aid Kit 問題発生時の初動対応

法務担当者が遭遇する身近なトラブルを挙げて、全体の見通しを示しつつ、初動対応で必要な事項をコンパクトに解説しました。
企業法務の「教科書」となる必携の1冊!

田辺総合法律事務所 編

出版社

レクシスネクシス・ジャパン株式会社

定価

3,400円(本体価格)


推薦の辞  日本弁護士連合会元会長 本林徹弁護士

 企業の多様な法律問題の初動対応を網羅的に解説した画期的な書。企業の法務部やビジネスローヤーを目指す人達の『教科書』となる必携の1冊。

目次

全体総論
第1章 企業不祥事・刑事事件対応
【CASE 1‐1】上場会社である自社において粉飾決算が行われていたことが発覚しました。初動対応はどうすればよいでしょうか。 ほか
第2章 M&A、株主対応、コーポレートガバナンス
【CASE 2‐1】自社が敵対的買収の標的になりました。初動対応はどうすればよいでしょうか。 ほか
第3章 知的財産権
【CASE 3‐1】他社から特許権や商標権を侵害しているとの警告書が届きました。初動対応としてはどのようにしたらよいでしょうか。 ほか
第4章 労働法
【CASE 4‐1】従業員が合同労組に加入したとして合同労組からの団体交渉の申入れが来ましたが、初動対応はどうすればよいでしょうか。 ほか
第5章 独禁法
【CASE 5‐1】公取委による立入検査を受けました。初動対応はどうすればよいでしょうか。 ほか
第6章 債権管理・債務整理
【CASE 6‐1】得意先が倒産する疑いがあり、分割払いを依頼されました。初動対応はどうしたらよいでしょうか。 ほか
第7章 IT法
【CASE 7‐1】自社が管理する個人情報の漏えい事故が発生しました。初動対応はどうすればよいでしょうか。 ほか
第8章 不動産
【CASE 8‐1】自社の賃借している建物の賃貸人から、建物の建替えを理由に立退きを求められました。どのように対応したらよいでしょうか。 ほか
第9章 環境法
【CASE 9‐1】自社工場の敷地に土壌汚染の疑いが生じました。初動対応はどうしたらよいでしょうか。 ほか
第10章 渉外案件
【CASE10‐1】外国で訴訟を提起されました。初動対応はどうしたらよいでしょうか。
第11章 反社会的勢力
【CASE11‐1】反社会的勢力から不当要求(書籍購入の要求・街宣活動)を受けました。初動対応はどうしたらよいでしょうか。 ほか
第12章 その他
【CASE12‐1】当社は消費者相手の事業を行っていますが、その事業で使用している契約書のひな型について、消費者団体から質問状が届きました。初動対応はどうすればよいでしょうか。 ほか
調査ツール